アッシェスの日記帳

育児日記とか闘病日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

イン… イン…なんとかさん

やー今日はイングロリアスバスターズさんのリリース日ですね。(無理がありすぎる…)

観てないし特に観たいとも思わないんですが戦争映画物って圧倒的に第2次大戦中の、それもナチスを題材に扱ったものが多いですよね。第2次大戦から現在までかなりの年月が経過し当時戦争を体験した世代もかなり少なくなってきたというのに、リリースされる戦争物の映画は圧倒的にナチスを扱ったものが多い。なぜ映画業界はそこに拘るのでしょうかね。最近起きた戦争をテーマにしたものがもっとあっても別に構わない思うのですが。個人的にはむしろ近年の戦争を取り上げて欲しいなと思います。なかなか日常のニュースでは取り上げられないものを興味を持って世間に知らしめるために、映画というのは良い媒体だと思います。まだ観てないのですがリダクテッドとかこういう類の映画がもっと出てくるといいなと思います。終わった第二次大戦のことを何度も執拗に取り上げるよりも、現在進行形の対テロ戦争(笑)の虚構を暴くような映画を撮るべきだと思います。

それでまぁナチスドイツ物では当たり前ですが、ナチス=悪、ユダヤ=被害者という構図になりますよね。そして執拗にこのテーマの映画を作るということは、世界中にこの構図を刷り込ませておきたいということですよね。ホロコーストも南京大虐殺も同じくらい眉唾な話なのに(死体の処理はどうすんの?石鹸にしたんだっけ?)どこぞの国ではこのホロコーストについて調べることを法律で禁止しているんでしたっけ?禁止にしているということはつまり調べられるとまずい事があるということですよね。こういう法律を作る人達は頭のネジ抜けてるんじゃないかなと思うわけです。自分で”そこに何かある”と教えているようなものじゃないですか。

日本もドイツも、第2次大戦を体験していない世代が過半を占めているのに一体いつまで悪者扱いなんだよと私は思うのです。まぁこれは日本人もそうですし人間であれば割りとそうだと思うのですが、自分達に不利益でないことに関してはほとほと無関心になってしまうものなんだと思います。大戦の戦勝国にとっては不利益どころかむしろ利益ですし。上記の構図をひっくり返すのは現在の価値観を大きく揺るがすことになりますよね。でもそんなことはしたくない、安定した自分達の現状を否定したくないというのは心理的によく分かります。でもその結果、どこぞの国ではユダヤに対する批判は法律で禁止、ホロコーストについて調べることも法律で禁止になったわけです。一体いつまで世界はこの茶番に付き合わないといけないんでしょうかねぇ。
スポンサーサイト
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

最近の木を見て森を見ずな民主党叩きについて~ 眠いのでちょこっと

ここはワシのチラ裏ゆえ喃…

最近TVでえらく民主党(というか鳩山?)が叩かれていますが、そういう時2chまとめblogなんかではTVの意見に迎合する書き込みがほぼ大半を占めていますよね。

最近の木を見て森を見ずな民主党叩きについて~ 眠いのでちょこっと…の続きを読む
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

あぁ、SAWですか…

仕事帰りにSAW6が1本だけ残っていたので借りて観てみました。

元々大して期待はしていなかったのだけど、予想通り単なるスプラッタ物で安心しましたw
1,2はそれ単体で作品としてほぼ完結しているけど、3~6はなんというか例えば3の別視点や伏線回収を4でやって、更に5で4の別視点やら舞台裏をやったりとか、ずっとそんなやり方で来ていますよね。6もご多分に漏れず5の伏線回収でございます。

でもねぇー、その伏線も、「えぇ!?それって次回作でやるような伏線だったの!?そんな事は観客にとっては別のどうでも良いことだと思うんだけど!?」ってな内容のものばっかりなんですよねぇ。少なくとも私は3からずっとガッカリしっぱなしです。そ~んな重箱の隅を突付くような伏線回収はどうでもいいのです。1のような大どんでん返しが観たいんです。

6で観客、視聴者が一番気になっていた事といえば、5でジグソウが残したあの「箱」ですよね。箱に一体何が入っているのか5を観終わった時点ではちょっとワクワクしちゃいましたよね。でも私はいま非常にガッカリしています。あぁ…、そうですか…と。やっぱりそんな伏線回収は要らないんですよね~。というかそんな事(伏線のつもりなの?)大抵の人は覚えていませんからぁ…。SAWはせめて2で終わっておくべきだったと思います。3以降は蛇足以外の何者でもないですよね。単に残酷描写を見るための映画になってしまっていると思います。

ジグソウが死んでから2代目はあの人が受け継ぎましたが、なんか小物感がするんですよね。むしろ死後も自分の思い描いた通りに人を操っている初代ジグソウすげぇ、みたいなこと思っちゃいます。そういう風に思わせようと狙っているのかな?と思っちゃうくらい。

今回も残虐性をさらに増してシリーズ中で最グロな絵が見られますので、そういうのが好きな人にはいいかもしれませんね。ベニスの商人ばりに自分の腹の肉を削ぎ落とすデブちんとか、ゲームのHEAVY RAINばりに自分の腕を切り落とす女とか(あれは指だったと思いますが)。正直これに年齢制限かかってなくてPS3のゲーム ゴッドオブウォー3がZ指定18禁ってのは納得いかないですねぇ。映画業界つよいです。

何やら次回作がまだまだ出そうな感じが致しますがいったい何処らへんで終わるのか、すでに私の興味はそこに移ってしまっています。ちなみに特典として「SAW集編」なるものがありましてシリーズのダイジェストを見ることができます。3以降のストーリーなんて記憶の片隅に残るか残らないかぐらいのインパクトですので、これから見る方は先にこのSAW集編を先に見るといいんじゃないかな。ちなみに私は本編が終わった後に見ました…。
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アバターもえくぼ

ジェームズ・キャメロンのAVATARを観てきました!タイトルに特に意味は無いです。

22世紀の地球で車椅子の生活を送るジェイク・サリーは亡くなった双子の兄に代わり、地球からおよそ5光年離れた惑星ポリフェマスの衛星パンドラでの任務を負うことになる。パンドラには「ナヴィ」という人間に似た人類が暮らしており、ナヴィの一民族の村の下には地球の燃料問題を解決する重要な鉱石「アンオブタニウム」が眠っている。ジェイクの任務はナヴィと人間のDNAを掛け合わせて作られた「アバター」を操作してナヴィの社会に溶け込み、ナヴィに村の移転を迫るというもの。

物語の大筋はこんなところなんですが予告編を見る限りはストーリーがさっぱりわかりませんでした。ただ予告編の幻想的な映像の美しさに相当に魅せられて観にいってきました。

アバターの序盤から中盤を観ながら、ファンタジックなMMOを超絶美麗な映像で再現したらきっとこうなるのかな、な~んて考えながら観ていました。技術の粋を集めて作られたこの映画とMMOを比べていいものかどうか分かりかねますが、MMOをやったことがある人はもしかしたら同じことを考えるのではないかなと思いますw

その理由なんですがジェイクは出来のいい科学者であったの双子の兄と違い、下半身不随の退役軍人であり周りからは見向きもされない不遇な生活を送っていたわけです。兄と同じDNAを持っていなければ今回もアバターの操作役として声が掛かることも無かったのです。ところがアバターを通してナヴィ達と暮らすジェイクは彼らの狩りの方法や生活の作法、様式をどんどん吸収していき一人前のナヴィと認められつつあるわけです。自分の足で立つことすら出来ない「現実の自分」と違い、ナヴィになったジェイクは怪鳥に乗り空をも自在に飛びまわれるのです。

アバターを操作している間のジェイクの体は眠るような体勢で操作しており、アバターが眠りについてようやく現実の自分が目覚める。そんな生活が続くうちに彼はどちらが本当の自分か分からなくなってきます。「現実の自分の体がシャワーを浴びたのは何日前だっけ?」とか「早くアバターに戻らなければ!」という台詞を聞いた時は、あぁまさにMMO中毒だなwとニヤニヤせざるをえませんでした。一足飛びに現実の自分とは全く異なる自分になれたら、って想像したりしないでしょうか?私はジェイクの心情に共感してしまいました。

しかしやがて夢うつつの時は過ぎ、ナヴィ達に村の移転を迫る期限を迎えます。ここで一気に現実に引き戻され彼は過酷な選択を迫られることになるのです。交渉の結果は予告編の映像にもあった通り破談してしまうのですが…。ジェイクはナヴィ側に立ち人間と戦うことを選択します。片や恒星間を移動するテクノロジーを持つ人間と、片や狩猟生活を営む未開の部族。これで一体戦争と呼べるものが起こるのかどうか…、サクソンはほんとに侵略しかしねーなと思いつつ観ていました。

ここまでは予告編の映像でも確認できるところです。中盤から終盤にかけては是非劇場で観てみてください。
今年観た中でぶっちぎりで一番の映画だったと思います。年末にえらいのが来てしまったなと思いますw 映像的にはローランド・エメリッヒの「2012」も凄かったですが2012は「災害映像だけ」を馬鹿笑いしながら楽しむだけの映画に対し、アバターは物語も映像も2012をはるかに凌駕していると個人的には思います。年が明けたらまた観にいこうと思いますw

すんごい久々に文章書いてみたので思いのほか時間がかかったし、いつも以上にとりまとめの無い内容になってしまった気がします。それ以前にもう誰も見ていない気がしますが気にしない。
それでは皆さん、よいお年を!
別窓 | 雑感 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

TO

アップルシードやベクシルの曽根文彦監督の最新作、TOがレンタル開始になったんで借りて観てみました~。

キャラのモデリングとかはベクシルからそんなに変化ないなぁと思ったけど、これが現時点でのデフォルメの完成形なのかな?あえて変えていないのかも。宇宙ステーションとか宇宙船の造詣は細かく作りこまれていて素晴らしかった!

モーションキャプチャで動きをつけているみたいだからモデリングデータさえ出来れば意外と安価にこういったCGアニメ作れるのかなぁ?と素人目に思ってみたり。そんな訳ないか^^;

内容だけど、楕円軌道のほうは宇宙進出に伴う現実に起こりうる問題を描いていてかなり切なくなるし、結末は全く予想していなかった展開に驚かされました。
共生惑星のほうは哲学的な題材ですな~。あの惑星の生物達は果たして自分の意思で行動しているのか、実は無意識のうちに意図や観念がある方向に導かれているのか…。自分は後者ではないかな~と思いますがどうでしょう。観た人はおらんのかw

本編はもちろん素晴らしかったですが、個人的にはエンディングテーマを歌っているmoumoon(ムームーン)というアーティストを知れたのが一番大きいかなーと思っています。TOを観るまではまーったく知らなかった人達ですがエンディングテーマを聴いて凄まじく感動しました。いまでは毎日moumoonの曲ばっかり聴いてますw

TOエンディングテーマ「青い月とアンビバレンスな愛」



その他好きになった曲「PINKY RING
別窓 | 雑感 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
| アッシェスの日記帳 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。