アッシェスの日記帳

育児日記とか闘病日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

すごいものを観てしまった…

仕事帰りにふと「うみねこのなく頃に」の漫画版が無いかなとポスフールに赴いたところ、ちょうどニコラスケイジ主演の「KNOWING」の上映開始間近でした。
7月は特にみるものないかなーなんて思っていたけど、そういえばKNOWINGの予告編はかなりのクオリティーだったなぁと記憶がよみがえり、思い切って下調べなしで観てきました。

KNOWINGの公式サイト 予告編もあるよ。

↓特にネタバレなしの感想。↓
まずKNOWINGの予告編はどんなもんかというと、50年前にある小学校に埋められたタイムカプセルから謎の数字の羅列が書かれた紙が出てくる。書かれている数字は過去50年に起きた世界規模の災害と死亡者数が書かれていた。そして未来には太陽のスーパーフレアで地球上の生物は死滅すると予言されていた…、という内容。

いや~鑑賞している最中、「この映画なんだか聖書の予言をなぞっているなぁ、神秘主義的なものを植えつけたいのかな?予言はほんとに未来が見えたから当たるんじゃなくて、予言どおりのしようと行動した結果その通りの未来になってしまうだぜ?」なんて思って観ていたんですが、中盤あたりからそんな事はもうどうでも良くなっていましたw

公式サイトの予告編では飛行機墜落と地下鉄の脱線事故が入っているけど、とにかく災害の映像が半端なくリアルでした。実際にそういう災害に遭遇したら多分人間なんて紙切れみたいに吹き飛ぶんだろうなぁと頭ではわかっているんだけど、いざそれをハイクオリティーな映像にして見せられるとかなりショックを受けました…。血飛沫をあげてゴミのように吹き飛んでいく人間達を見ると、もうそれだけで入場料の元はとったな、と思ったものですw 

実際セルやレンタルになったときは年齢制限がつくかも…?かなりショッキングな映像でした。

予告編の最後では地球全部が炎に包まれて海が蒸発していく絵で終わるんだけど、本編もそのあたりで終わりますw

だけど救いも残されているんです。ラストは本当に感動ものでした。でもそれが一体どこから来るものなのか、自分ではよくわかりませんでした。地球規模の大規模災害が起こると発表され民衆が暴徒と化すなか、家族で最後を迎えようとするニコラス一家の姿を見てなのか、子供の成長を促すために、子供を助けるために、自分のなにもかもを捨てて子供の未来にかけるニコラスの漢っぷりを見てなのか。とにかくそれらすべてと映像、音楽が相まって謎の感動が押し寄せてきました。

そして最後、黄金色の草原に双つの月…。あれ?ここはハルケギニア…?
ピンク色の髪の子がいる…かも…。(感動が有頂天)


予告編の段階では天体規模の災害を前に回避することなんて出来ないだろ~と思って観るつもりは全く無かったんですが、観て良かったなと心底思いました。
単なる金をかけたディザスター物だろ?と思っている方、災害描写が見たい方、ニコラスケイジが好きな方、ピンク髪の子が好きな方、割と幅広い層に薦められる映画だなと思いました。

最初から最後までノンストップでダレることもないです。あと鑑賞する場合は、そこかしこに伏線が散りばめられているので注意して観るといいかなと思います。
別窓 | 雑感 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ハリポタ | アッシェスの日記帳 | 謎のアクセス?>>

この記事のコメント

あ~これはCMで見て、見たいな~と思いましたよw

1999年の次は2012年か…怖い怖い(´;ω;`)
2009-07-15 Wed 23:18 | URL | リアーラ #-[ 内容変更] | top↑
ノストラダムスにマヤ文明の暦に、いつの世も終末思想って絶えませんねぇw

ディザスター物はやっぱり音響設備の整ったところで観るのがいいかなと思います。ノウイングは音の迫力も素晴らしかったですよ~。劇場いけなくてもセルorレンタルされたら是非見てみて下さい~。
2009-07-18 Sat 21:21 | URL | アッシェス #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アッシェスの日記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。