アッシェスの日記帳

育児日記とか闘病日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

小心者すぎワロタ

14日にあげた動画がそれ以前にあげた動画よりも沢山再生されてて嬉しい今日この頃です。
動画の中身的に以前のとそんなに差があるわけじゃないので、やっぱりサムネイル効果ってやつなんですかね。

再生数に比例してコメントも沢山頂けて嬉しい限りです。ところでコメントの中に5%くらいかな?なんだか敵意のあるコメントが見受けられましてですね。そりゃまあ最適解なやり方で攻略はしていないですし(むしろ泥臭い戦い方だよね)解説にもところどころミスがあったわけですが、こういう批判コメントを見るとちょっと凹むわけです。普段理不尽な要望を言うお客さんやクレーマーを相手にしている自分が、顔も見えない、見ず知らずの人の批判コメントごときでこんなに凹む小心者だとは自分でもちょっとびっくりです。

なんでしょうかね、仕事でやっていることと趣味でやっていることの違いなんでしょうかね。仕事は社会に貢献しようという使命やらを持ってやってるのに対し、動画UPは単なる趣味であり個性や感性も強く出るものですよね。その感性的な部分を否定されることで人格や存在そのものを批判されているような、そんな錯覚をしちゃうんでしょうかね。

ニコニコ動画の小規模コミュニティであるmabinogi動画の、さらに1k再生数に届くか届かないかの動画でこれだけのネガティブなフィードバックがあるわけですから、TVとか商業誌で全世界的に作品を公表している方達はもっともっと大規模な反応がありますし、ネガティブコメントの重圧も私なんかの比ではないんでしょうね。そういう作家先生方はどれだけ心臓に剛毛が生えているんでしょうか。逆に他人の意見なんか全く意に介さない「自分の世界」を持ってないいないと感性の分野で先端を突っ走って行けないのかなとも思いました。もしくは批評は全く見ないという作家先生方も居ますよね。

ちなみに私は純粋な質問コメントに対し投稿者コメントで返答し、その文脈の中でさりげなく敵対コメントの批判が的外れな批判だぜ、みたいな感じの友好的敵対コメントを垂れ流すことで精神の安定を保つことに成功しました。(などと意味不明なことを…) 

以上の方法により今はもうストレスも何も無くなったのでスッキリとした心持です。次はどんな動画を投稿しようかなぁ~。
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<最近の木を見て森を見ずな民主党叩きについて~ 眠いのでちょこっと | アッシェスの日記帳 | 最近の木を見て森を見ずな民主党叩きについて>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アッシェスの日記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。