アッシェスの日記帳

育児日記とか闘病日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

休みだった\(^o^)/

いつも月曜は仕事なので職場行ったのですが、どうやら今日は休みになっていたようでした。シフト確認とか怠りまくりです。いつも休みの曜日に仕事じゃなかったのが不幸中の幸いでした。せっかく気合入れて出勤したので後回しになりまくっていた売り場の改変と、新しい常設コーナーを作成して帰ってきました。9時頃出勤して店出たのが3時半だからあんまり休みって感じでは無かったですw でも家に居てもきっとゴロゴロして無為に一日が終わってた気がするから、気持ちよく体動かすことが出来て良かったなと前向きに考えることにします。

で、帰りに映画館に寄って「タイタンの戦い」を観て来ました。お客さん沢山いたけどタイタンの戦いはそこそこの客入りでした。ついに私の地元にも3D上映の設備がきたので大半の人は3D版「アリスインワンダーランド」を観に来ていたようです。私も3D上映を観たいな~とは思うんですがアリスにはあんまり興味を引かれないんですよねぇ。というよりジョニー・デップが主役級で出演している映画で面白かったのって、パイレーツオブカリビアンの1作目だけという印象がどうしても拭えなくて…。(出演作全部見ているわけじゃないです、あとプラトーン除く) 特にティム・バートンと組んでいる映画はつまらな過ぎて死ぬかと思いました。すごくいい役者だと思うんですがなかなか当たり役が無いんではないかなあと”個人的に”思います。

タイタンの戦いなんですがギリシャ神話を題材にした冒険活劇でして、最近だと「パーシージャクソンとオリンポスの神々」とか、PS3の「GOD OF WAR」シリーズなんかもギリシャ神話が題材のものですねぇ。いずれも主人公は神と人間の子、半神が主人公の物語です。GOD OF WARの映画版を観にいってやるかー、ぐらいの意気込みだったのですが期待していたよりも全然面白かったですw GOWとはまた違う締め方で終わっていまして、あぁこういう読後感のいいギリシャ神話もいいなと思い劇場を後にしました。

でちょっと思ったのですが、ギリシャ神話のように実際に神が身近に存在するのであれば神を崇め奉るのもいいかもしれませんが、いま世界に数多ある宗教ってのは実際には誰も見たことが無い神なる存在にひたすら祈りを捧げ許しを請う、多少の違いはあれ大なり小なりそんな感じですよね。宗教を信仰している人達に聞きたいのだけど、有史以来衆目の前に神が現れたことは一度だってないのに、いつまで盲目的に神を信仰しているの?と。終末が来るってず~~っと昔から言われてて、未だに生物は地球上に存在していますが自分が生きている間に本当に世界の終わりが来ると思っているの?と。自己改革を認めない偉い神さまにただひたすら許しを請う、それじゃあんた宗教家のいい鴨だよと。

劇中でゼウスも言っていました。「未来は結局は人間次第だ」と。神なんかに頼るのではなく自分の頭で選択していけということだと私は受け取りました。神話が題材の映画なのになかなかリアリストなゼウスですね。しかしそんなことをごちゃごちゃ考えずとも娯楽として十分楽しむことが出来ると思います。というわけで迫力ある冒険活劇を見られるタイタンの戦いはなかなか万人に薦められる映画じゃないかなと思いました。

宗教云々のくだりは最近街歩いているとたまにキリスト教徒に声掛けられるので、ちょっとフラストレーションが溜まっていたので吐き出させてもらいました。今度声かけてきたら「お前らキリスト教は昔から人身売買の元締めだったわけですが、それについてはどう思いますか?」って聞いてやろうかしら。
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<珍客 | アッシェスの日記帳 | ふらっと遠出>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アッシェスの日記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。