アッシェスの日記帳

育児日記とか闘病日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

イン… イン…なんとかさん

やー今日はイングロリアスバスターズさんのリリース日ですね。(無理がありすぎる…)

観てないし特に観たいとも思わないんですが戦争映画物って圧倒的に第2次大戦中の、それもナチスを題材に扱ったものが多いですよね。第2次大戦から現在までかなりの年月が経過し当時戦争を体験した世代もかなり少なくなってきたというのに、リリースされる戦争物の映画は圧倒的にナチスを扱ったものが多い。なぜ映画業界はそこに拘るのでしょうかね。最近起きた戦争をテーマにしたものがもっとあっても別に構わない思うのですが。個人的にはむしろ近年の戦争を取り上げて欲しいなと思います。なかなか日常のニュースでは取り上げられないものを興味を持って世間に知らしめるために、映画というのは良い媒体だと思います。まだ観てないのですがリダクテッドとかこういう類の映画がもっと出てくるといいなと思います。終わった第二次大戦のことを何度も執拗に取り上げるよりも、現在進行形の対テロ戦争(笑)の虚構を暴くような映画を撮るべきだと思います。

それでまぁナチスドイツ物では当たり前ですが、ナチス=悪、ユダヤ=被害者という構図になりますよね。そして執拗にこのテーマの映画を作るということは、世界中にこの構図を刷り込ませておきたいということですよね。ホロコーストも南京大虐殺も同じくらい眉唾な話なのに(死体の処理はどうすんの?石鹸にしたんだっけ?)どこぞの国ではこのホロコーストについて調べることを法律で禁止しているんでしたっけ?禁止にしているということはつまり調べられるとまずい事があるということですよね。こういう法律を作る人達は頭のネジ抜けてるんじゃないかなと思うわけです。自分で”そこに何かある”と教えているようなものじゃないですか。

日本もドイツも、第2次大戦を体験していない世代が過半を占めているのに一体いつまで悪者扱いなんだよと私は思うのです。まぁこれは日本人もそうですし人間であれば割りとそうだと思うのですが、自分達に不利益でないことに関してはほとほと無関心になってしまうものなんだと思います。大戦の戦勝国にとっては不利益どころかむしろ利益ですし。上記の構図をひっくり返すのは現在の価値観を大きく揺るがすことになりますよね。でもそんなことはしたくない、安定した自分達の現状を否定したくないというのは心理的によく分かります。でもその結果、どこぞの国ではユダヤに対する批判は法律で禁止、ホロコーストについて調べることも法律で禁止になったわけです。一体いつまで世界はこの茶番に付き合わないといけないんでしょうかねぇ。
別窓 | 雑感 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<風邪ぎみ | アッシェスの日記帳 | 出ずっぱり>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| アッシェスの日記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。